2019年08月17日

安倍政権 40 ”森友文書改ざん”の元財務省理財局総務課長栄転

なかったことにされる事実。

「外務省は16日、学校法人「森友学園」を巡る決裁文書改ざんで中核的な役割を担った財務省官房参事官の中村稔氏を駐英公使に充てる同日付の人事を発表した。」共同
posted by hironotes at 07:23| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

『民主主義の死に方 二極化する政治が招く独裁への道』スティーブン・レビツキー、ダニエル・ジブラット、濱野大道(訳)

前代未聞のトランプ大統領出現を分析した本。政治の世界って、弱肉強食の動物界のようにみえるが、実は否。自然界には踏み越さない摂理があるけれど、人間の権力闘争には天井はない。理性が消えてゆくこの人間界で、怒りを利用するものが勝つ。

独裁は暴力を引きつれてやってくる。民衆の怒りに油を注ぎながら。そして興奮と熱狂の舞台裏で、独裁者は仮面を剥ぎ、真顔でほくそ笑む。怒りに扇動される大衆。怒りを操る独裁者。ゆっくりと確実に。日本も危ない。
posted by hironotes at 16:17| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

『青い地図 キャプテンクックを追いかけて』トニー・ホルヴィッツ、山本光信(訳)

素晴らしい航海記、旅行記。南太平洋や南極近く。そして嵐吹きすさぶ極限の地アリューシャン列島へつれていってくれる。現地のまったくみしらぬ人種との遭遇は一番緊張感がある。危険だったりとてつもなく面白かったり。人は世界どこでもまあ同じようなメンタリティーを持っていてあまりかわらないということですね。偏見と優越をすてられるかどうかがうまくやっていく秘訣。

著者のトニー・ホルヴィッツさんは本年5月に亡くなられた。ご冥福をお祈りいたします。
posted by hironotes at 13:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

変な日

2019年8月2日は大きなことが同時多発:
1.日本政府が韓国を輸出のホワイト国から外す決定
2.日本で死刑囚2人の死刑執行
3.ロシアのメドベージェフ首相が択捉島を訪問
4.トランプが中国に追加の輸入品に10%関税を課すと発表
5.ロシアと米のINF(中距離核戦力全廃条約)が失効
益々きな臭くなってきた。
posted by hironotes at 18:59| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍政権 39 死刑執行と韓国を”ホワイト国”から外す

またどさくさに紛れての執行。
posted by hironotes at 13:03| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

安倍政権 38 石崎徹衆院議員が秘書にパワハラ暴行

元財務省職員。またでましたこういう人。前は確か豊田真由子衆議院議員が同様のパワハラ+暴行やっていたけど、みんな威張屋さんですね。朝から録音きいて気分が悪くなった。当の秘書さん何百発も暴行受けたとか。
posted by hironotes at 19:52| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

『ケイレブ: ハーバードのネイティブ・アメリカン』ジェラルディン・ブルックス、 柴田 ひさ子 (訳)

アメリカが独立するまえのインディアンと英国からの移住者のお話。当時の人々がどんな暮らしをしていたかノンフィクションのようによくわかる。身分の差別、宗教の差別、肌の色の差別... 人の心の中は今となんら変わらない。第二章まではいいのですが、最終章は悲しすぎる。できればハッピーエンドで書いてほしかった。
posted by hironotes at 07:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山本太郎さん

参院比例区で100万票獲得!新たな社会現象ですね。それだけの票を獲得しても当選しないのは、なんかおかしい。公明党では1万5千票で当選した人がいるのに。

山本太郎さん率いる”れいわ”が受け入れられるのは、それだけ日本に”弱者”の数が増えているから。社会的に不都合な環境に追いやられておしつぶされそうな人がいっぱいいるから。既存の党では助けてくれそうな候補者がいないから。既存の党では説得力のある演説ができる候補者がいないから。自民党支持者の”強者”に対するわかりやすい対立となっているんですね。
posted by hironotes at 06:44| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

安倍政権 37 あることないこと

あること:
民族差別
嫌中嫌韓
男尊女卑
身分差別
思考短絡
無知無学
強権暴政
強制排除
強行採決
弱者無視
隠蔽捏造
破棄隠滅
自我自尊
自画自賛
記者排除
軍事増強


ないこと:
合議民主
公開論議
平和平等
人徳研磨
謙虚穏健
記録記憶
情報公開
歴史認識
説明責任
調整能力
自由言論
人格品性







posted by hironotes at 11:28| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

『マーチ家の父』ジェラルディン・ブルックス、高山真由美(訳)

南北戦争が舞台のある家族の物語。戦時下の男の無力感ってわかるような気がする。自分ではどうにもできないんですね。無法者になるか気が狂うかのどちらかの選択しかなくて、それができなければ死。男は理想に生き、女は感情のままに。自分の理想を追い求めすぎないで、家族や他人のために生きると生かされるということでしょうか。ほんとに素晴らしい小説。まるでノンフィクションのようです。そんな世がまたこないとはいえません。

「...沈黙は恐ろしさと慎重さからうまれてくるらしい」
posted by hironotes at 19:17| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする