2019年12月08日

『ナツコ 沖縄密輸貿易の女王』 奥野修司

貴重なノンフィクション。戦争になって、国が奪われたらどうなるかよくわかります。住むところも食べるものも生活必需品もなくなるとどうなるか。一世代前の人たちはそんななかをなんとか必死で生き抜いて来て、いまの私たちがあるんですね。


-------------以下本文からの引用-------------
・1947年2月28日の「2.28事件」。台湾の天安門事件のようなもの。国民党政権による台湾支配下で起こった、台湾人の民衆デモに対する機銃掃射事件。死亡者多数。きっかけは前日27日、台北市中国人専売局の闇たばこ摘発で逃げ遅れた台湾人老婆を捕まえて殴打。それに抗議した台湾人が射殺され、翌日におおきなデモ蜂起となった。

・明治時代の小学校で、割り算の九九のような暗算をおしえていた。

・戦前の沖縄では十人に一人が移民した。ハワイ、南米、フィリピンなど。

・アメリカのフィリピン併合(1898)。1938年ころはミニアメリカと呼ばれるほど近代的な都市になりつつあった。

・那覇の大空襲(1944.10.10)。那覇の80%は破壊、「京より美しい」首里は廃墟と化した。
posted by hironotes at 07:29| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。